「生きること」について#写真集制作

弁造さんを撮ろうと思ったとき、写真で「生きること」に近づきたいと思った。

しかし、今振り返ってみると20代半ばの僕には、そのディティールを理解していなかったと痛切に思う。

当時の僕にとって「生きること」を貫くのは思想や哲学だと思っていた。これらは今もとても重要だと思うけれど、一方では生きることの中心にあるのは決して、こういうものだけではないとも感じる。

たとえば、弁造さんの最晩年をみていて感じたのは、90歳を越えようとする弁造さんを貫いていたのは「老い」だった。

極まっていく「老い」は弁造さんの肉体はもちろん精神にも大きく影響していた。弁造さんを包む老いという時間と作用は、僕にとって”人生の質感”とも呼べるものだったと思う。

もし誰かに、かつての僕が撮りたいと思った「生きること」とは何であったかと問われたとしたら、今の僕は「生きていくことの質感」と答えるのではないかと思う。そして弁造さんの人生の質感の再現が今回の写真集のテーマでもある。

「生きること」について#写真集制作」への2件のフィードバック

  1. 奥山様
    写真集の制作が進んでいらっしゃることがとてもうれしいです。
    拝見するチャンスが私にも来るように!

    1. 二見さつき様
      コメント、ありがとうございます!私家版限定300部と発行部数は少ないのですがご覧いただけますと幸いです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です